ドラマ

六本木クラスの会長役は香川照之で確定?韓国版のキャストは誰?

2020年にNetflixで配信され日本でもブームを巻き起こした韓国の大ヒットドラマ『梨泰院クラス』が『六本木クラス』としてリメイクされ7月からテレビ朝日で放送が開始します。

主人公である竹内涼真さん以外にもヒロイン役の新木優子さんや主人公を絶望の淵に追いやる敵役の早乙女太一さんなどが発表されており、続くキャストが誰になるのか楽しみですよね。

ここで気になるのは主人公が立ち向かう物語のラスボスともいえる、日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」会長役のキャスティングです。

一部報道では香川照之さんの名前が挙がっていますが確定なのでしょうか?

この記事では、『六本木クラス』会長役は香川照之さんで確定なのかの調査と併せて、韓国版のキャストは誰だったのかを調べてみました。

この記事でわかること

  • 六本木クラスの会長役は香川照之で確定か?
  • 六本木クラスの韓国版の会長役キャスト紹介

六本木クラスの会長役は香川照之?

正式発表はまだですが、テレビ朝日の7月クールドラマ『六本木クラス』で注目されている物語最大の敵役となる会長役は香川照之さんでほぼ確のようです。

 

韓国ドラマ『梨泰院クラス』は韓国の飲食業界ナンバーワン企業・長家(チャンガ)の長男グンウォンが起こした事件により絶望に追い込まれた主人公が、グンウォンと父親である長家グループのデヒ会長に立ち向かっていくサクセスストーリーです。

デヒ会長は厄介な事件を起こす息子グンウォンを庇い金と権力を理不尽に振りかざしますが、もともとは貧しい家庭で育ち「皆が家庭で温かい料理を味わえる世の中」を目指して長家を立ち上げたという背景を持った人物です。

主人公セロイは自分との確執はさておき、そんなデヒ会長の経営者としての才覚を認めています。

 

日韓プロジェクトリメイク版のドラマ『六本木クラス』では、先にお伝えしたとおり韓国版のデヒ会長に当たる役を香川照之さんが演じることになりそうです。

 

デヒ会長は人よりも利益重視で都合の悪いことは金で揉み消すことを厭わない無慈悲な経営者ですが、ビジネスを始めた当初の理念は真逆の「人」重視でした。

権力の権化と化し主人公たちの前に立ち塞がる会長は過去の自分とどう折り合いをつけているのでしょうか?

また巨大権力に立ち向かうストーリーである以上、主人公の敵役である会長や息子は絶大な力を有する存在感が必要であり憎々しくなればなるほど物語は盛り上がります。

 

そんな複雑な人物像を演じることになる香川照之さんですが、渋い役からコミカルな役までこなす幅広い確かな演技力と視聴者を引き込む“顔芸”も印象的ですよね。

過去の実績から見ても『六本木クラス』のラスボスである会長役は、正に香川照之さんが“適任”と言えるかもしれません。

 

ただひとつ、懸念されるのが「土下座」です。

韓国版『梨泰院クラス』ではデヒ会長が主人公に土下座を要求したり自身が土下座をする下りがあるのですが、香川照之さんがデヒ会長を演じることで『半沢直樹』の大和田専務を思い出すという声も少なくありません。

大ヒット海外ドラマのリメイクとして力を入れているドラマ『六本木クラス』に、「土下座」と「香川照之」いうワードで別なドラマの印象が付いてしまうのではないかと懸念する声も上がっているようです。

 

香川照之さんにとっては大和田専務のイメージを払拭するのにハードルが高いと思われる土下座ですが、果たしてどんな会長を演じてくれるのか土下座自体を脚本でどうするのかなど視点を変えたドラマの楽しみ方も出てきましたね。

六本木クラスの韓国版の会長役キャストは?

日本でのリメイク版『六本木クラス』の元となった韓国ドラマ『梨泰院クラス』でデヒ会長を演じたのはユ・ジェミョンさんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

유재명(@youchmy)がシェアした投稿

ユ・ジェミョンさんは1973年生まれの今年49歳、デビューは2001年と少し遅咲きですが韓国では賞も獲っている演技力に定評のあるベテランの俳優さんです。

日本では『梨泰院クラス』で注目が集まりました。

私生活では2018年に10歳以上年下の女性と結婚し、小さなお子さんがいるようです。

 

『梨泰院クラス』ではなかなかの憎い悪人ぶりを演じていましたが、ユ・ジェミョンさんは正義感のある役からアウトローや悪人まで何でも見事に演じ切るカメレオン俳優と言われています。


Netflixの公式Twitterにも綴られていますが、ユ・ジェミョンさんの凄さは徹底した役作りにあるそうです。

役柄によってまるで別人のように見えて驚きますが、正に“カメレオン”と言われる所以ですよね。

まとめ

7月からスタートするテレ朝ドラマ『六本木クラス』の会長役は香川照之さんで確定なのかどうか、韓国版のキャストは誰だったのかを調べてみました。

番組公式からの発表はまだですが、各メディアの情報から会長を演じるのは香川照之さんでほぼ決定していることが分かりました。

香川照之さんの配役には「適任」という声が多く聞かれますが、『六本木クラス』では土下座にまつわるシーンもあるため過去の他ドラマのイメージがついてしまわないかと懸念の声もあるようです。

また韓国版デヒ会長を務めた俳優は、出演する作品により別人級の演じ分けができる“カメレオン俳優”として有名なユ・ジェミョンさんでした。

そんなユ・ジェミョンさんが演じた会長のイメージを、日本版『六本木クラス』では香川照之さんがどんな色に変えてくれるのか楽しみですね。