バラエティ番組

鬼タイジがつまらない3つの理由!当たり判定が分かりにくいの声も!

TBSで放送されている「THE 鬼タイジ」ですが、つまらないという意見が多くあるようにも思えますよね。

鬼タイジがつまらないと言われる理由は何があるのでしょうか?

また、出演者が鬼に攻撃した時の当たり判定が分かりにくいとの声も上がっています。

そこでこの記事では、鬼タイジがつまらないと言われている理由や、当たり判定について調査してみました。

鬼タイジがつまらないと言われる3つの理由!

鬼タイジがつまらないと言われている理由は、次のようなものが挙げられます。

  • 逃走中のパクリっぽい
  • 鬼が弱すぎる
  • 鬼の方が豪華

それでは1つずつご紹介していきます。

鬼タイジがつまらない理由①逃走中のパクリっぽい

鬼タイジがつまらないと言われる1つ目の理由は、逃走中のパクリっぽいということです。

鬼タイジは「鬼になった人間を元に戻す」という設定になっているサバイバルゲームのようなものです。

対する逃走中は「ハンターから捕まらないように逃げ回る」鬼ごっこのようなものとなっています。

「鬼を退治」「ハンターから逃げる」と設定は全く違う番組となっていますが、どうしても逃走中の方が古くからある番組のため比較されてしまいます。

逃走中がフジテレビの人気番組のため、比較されてしまい「鬼タイジはつまらない」と思われているようですね。




鬼タイジがつまらない理由②鬼が弱すぎる

鬼タイジがつまらないと言われている2つ目の理由に、鬼が弱すぎるということがあります。

出演している芸能人はレーザー銃のようなものを持っているのに対し、一般的な鬼は金棒のようなものを振り回しているだけですよね。

あきらかに武器に差がありすぎるため、視聴者はつまらないと感じてしまうのかもしれません。

逃走中と比較されるのも、敵の強さが関係あるのかもしれませんね。

逃走中の場合、ハンターの走る速さは圧倒的です。

敵が圧倒的な強さを持っている方が、視聴者側にとっては面白いと感じるのかもしれませんよね。

鬼タイジがつまらない理由③鬼の方が豪華

鬼タイジがつまらない理由の3つ目は、鬼の方が豪華とも言われています。

鬼タイジの出演者は芸人や引退したアスリートが多く出ており、番宣のために出演する俳優も少なくはありません。

対する鬼ですが、一般的な鬼は恐らく一般のエキストラだと思われます。

しかし12月31日大晦日に放送された鬼タイジのラスボス鬼が剛力彩芽さんだったことや、青鬼に子役の村山輝星ちゃん、またラスボスの手先にハンドボールのラミレス選手だったこともあり豪華でした。

そのため、青鬼やラスボス鬼が豪華すぎて、いつも出演している方をマンネリに感じつまらないと感じるのかもしれませんよね。

鬼タイジの当たり判定が分かりにくい!

鬼タイジでは出演者がレーザー銃のようなものを鬼にうち、当たると退治したことになります。

しかし、この当たり判定が分かりにくいということがSNS上でも話題になっています。

出演者がレーザー銃を撃ったあと鬼の胸の真ん中に当たると「当たり判定」とされているようです。

そのため、当たり判定は恐らく「鬼の胸に当たること」だと思われます。

 

しかしスローモーションで再生された時にはレーザー銃のはずが玉になっていたり、CGで加工されているかのように編集されています。

そのため、当たり判定が分かりにくいと言われているようですね。

鬼タイジが面白いと言う意見が圧倒的!

鬼タイジは「つまらない」や「当たり判定が分かりにくい」など言われていますが、やはり圧倒的には「面白い」と言う意見が多いです。

逃走中のように追われることにドキドキする視聴者の方もいれば、鬼タイジのように退治していくことに面白いと言う方も多いようです。

ジャニーズや俳優の出演者が豪華で面白いとも言われています。

https://twitter.com/rurou_aki/status/1478001879376629760

つまらないや面白いなど色々な意見もありますが、鬼タイジは2020年12月に初めて放送されて以来、すでに6回の放送となっています。

ここまで頻繁に放送することが、やはり面白いと言う意見が多い1番の理由なのかもしれませんよね。

まとめ

鬼タイジがつまらないと言われている理由や、逆の面白いという意見、また当たり判定が分かりにくいということについてまとめてみました。

鬼タイジがつまらないと言われている理由は、

  • 逃走中のパクリっぽい
  • 鬼が弱すぎる
  • 鬼の方が豪華

と言われています。

しかし、1年4ヶ月で6回放送するほど鬼タイジは人気のようなので、面白いと言う意見の方が圧倒的に多いのも納得ですよね。

鬼タイジでは当たり判定が分かりにくいと言われていますが、そこはテレビならではということで見てみましょう!