ドラマ

オールドルーキーが前倒し放送になった理由!降板スポンサーはある?

新ドラマ『オールドルーキー』が2022年7月からのスタート予定だったのが、6月26日に前倒しで放送が開始されることになりました。

ドラマのクールはだいたい1~3月、4~6月、7~9月、10~12月が一般的ですが6月にしかも日曜劇場がスタートするということは珍しいですよね。

「オールドルーキー」にはどうやらスポンサーが降板するという噂もあるのだとか。

そこでこの記事では、「オールドルーキー」が前倒しになった理由やスポンサーが降板したのかどうかについて調査してみました。

この記事でわかること

  • オールドルーキーの前倒しの理由
  • オールドルーキーのスポンサーが降板したのかどうか

オールドルーキーが前倒し放送になった理由!

結論から先にお伝えすると、オールドルーキーが前倒しで放送される理由は分かっていません。

しかしオールドルーキーが前倒しになった理由は、かねてから綾野剛さんの暴露話をしていたYouTuberでガーシーこと、東谷義和氏の発言が影響したという見方もあります。

その他にも、7月15日(金)~7月24日(日)に行われる世界陸上や、7月10日の参議院選挙の放送特番もあるからとも言われています。

綾野剛さんはドラマに関してもこんなコメントを出しています。

Q 企画を聞いた時に感じたこと、(一部抜粋)
「ストーリーについてとても気持ちがたかぶりました。敬愛するスポーツに関わる作品に参加できることが素直にうれしかったです。」

Q 演じることへの意気込み(一部抜粋)
「撮影に向けて準備していることなどなによりサッカーの練習をしています。初日はシュートも打てず、無人ゴールなのにネットを揺らすこともできず、本当に何もできないところからのスタートでした。ですが信頼するコーチ、スタッフと共に日々サッカーと向き合うことこそが本当のスタートだと毎日自身を鼓舞しています。」
引用元:(TBS公式ホームページ)

オールドルーキーが前倒し放送になったことについては明らかではありませんが、世界陸上や参議院選挙が関係している可能性が高そうですよね。

オールドルーキーの降板スポンサーはある?

オールドルーキーのスポンサーは「サントリー」ですが、現段階では降板したとの情報はありません。

ただ、綾野剛さん同様にサントリーもYouTuberの東谷義和さんから暴露されており、一騒動起こっていました。

 

サントリーは、2016年~2019年の間、安倍晋三元総理の後援会『桜を見る会』で、安倍さん側が会の費用を補填していたという問題がありました。

このときにサントリーが酒を無償で提供していたとされます。

販売価格はなんと15万円。

 

もしもスポンサーが降板してしまうとドラマが放送できないので、急遽放送を前倒ししたという説もあるようです。

ただ今のところ、『オールドルーキー』の撮影は順調に進んでいます。

一見、東谷義和さんの影響が大きく思われがちですが、実は全くテレビ局内の裏事情かもしれませんよね。

まとめ

今回は、7月放送予定だったTBS系ドラマ『オールドルーキー』の放送が6月26日に前倒しになった情報をお伝えしました。

  • 前倒し理由は、世界陸上や参議院選挙、安倍晋三氏の後援会で酒無償提供と、今回の綾野剛暴露などでスポンサーが下りる可能性で保険を掛けたという見方も。
  • 綾野剛さん含め、共演者らは今のところ順調に撮影が進んでいる模様。

twitterでは、今回の情報を受けて「ワクワクする」と逆に楽しみが増した人もいるようです。

今でも大きな騒動になっていますが、これ以上拡大しないことを祈るばかりですね。

作品に罪はないので、ドラマ自体は無事に放送されて欲しいものです。