俳優

松山ケンイチと小雪が移住?現在の自宅住まいは北海道の田舎暮らし!

2009年に公開された「カムイ外伝」の撮影で知り合い、2011年入籍、現在は3人のお子さんと共に北海道で田舎暮らしをしている、松山ケンイチさんと小雪さん夫婦についてご紹介していきたいと思います。

2019年に行われたトークショーの中では、小雪が自身の暮らしについて明かす場面もあり、元々好感度が高い夫婦ですが、理想の田舎暮らしでさらに注目を集めています。

また、小雪さんは2020年2月末に個人事務所が提携していたエイベックスを退所し、独立しており、現在は子育てを優先しているようです。

この記事では、松山ケンイチさんと小雪さんが移住した理由についてまとめてみました。

 

さらに、松山ケンイチさんが過去に取材で「雪深い地域の村に一軒家を建て、そこで田舎暮らしを始めた」と明かしていた、北海道での田舎暮らしについても調査してみました。

この記事で分かること

  • 松山ケンイチさんと小雪さんが移住した理由
  • 松山ケンイチさんと小雪さんの現在の自宅・北海道での田舎暮らし

松山ケンイチと小雪が移住した理由

松山ケンイチさんは青森県むつ市の出身で、雪国での田舎暮らしには慣れており、2021年3月に放送された番組では、田舎暮らしをしている理由として「元々田舎で育ってきたので、自分の子供にも見せたかった」と理由を語っていました。

都会では自然と触れ合うことはできないため、子どもの教育の場としても田舎を選んだのではないでしょうか。

 

青森愛が強い松山ケンイチさんは俳優としてのデビュー直後、1日でも休みがあれば、その都度帰郷し、気分をリラックスさせていたと語っていました。

また、田舎暮らしについて「小さなことを気にしなくなりました」と語ったこともあり、多少なりともストレスのある東京と違い、「田舎暮らし最高!」と仰っている通り、家族みんなで北海道でのスローライフが心地良いのかもしれません。

松山ケンイチと小雪の現在の自宅は北海道の田舎暮らし!

松山ケンイチさん小雪さん家族が年の半分程を過ごしているというのは、北海道の一軒家での田舎暮らしです!

家の前にはテニスコート程の広い土地があり、自ら耕して畑にし、人参や大根、枝豆、ネギといった野菜作りをしているようです。

鶏なども飼育して、ゴミを出さず餌にしている事なども明かしていました。

 

他にも必要な家具なども自作し、猟師に同行してクマや鹿を捕獲し獣皮を加工して革製品を作ることもあるそうで、自然に囲まれた中での自給自足以上の充実した生活を送っています。

 

畑で採れた野菜や川で釣った魚などを使って家族に料理を振舞い、田舎暮らしを満喫していますが、決して俳優業をやめたわけではなく、家族と共に東京とを行き来する二重生活を選んだようです。

まとめ

松山ケンイチさんと小雪さんの移住した理由と、その暮らしをまとめてみました。

現在は夫婦共に女優・俳優としての活動を続けながらも将来的には本格的に移住を考えているようで、小雪さんが事務所を退社し独立しているのも、将来を見据えて、仕事をある程度調整できるようにした結果であると思われます。

 

現在は「地方創生」から国を挙げて地方の活性化を支援する動きにあり、松山ケンイチさんと小雪さん夫婦のように、地方にセカンドハウスを購入する世帯も増えているようです。

さらにコロナ禍でリモートワークが主になった事で、その動きに拍車がかかっています。

このことから、松山ケンイチさんと小雪さん夫婦の暮らしぶりが更に注目されていくのではないでしょうか。

 

松山ケンイチさんは今年、主演を務めた映画「BLUE/ブルー」を含めた3作の映画に出演しており、10月スタートのドラマの出演も決まっています。

俳優業も大忙しの松山ケンイチさんですが、田舎暮らしのスローライフで心に余裕が出来ることで、これまで以上に活躍できることを期待し、楽しみにしています。