アーティスト

石塚幸作の父親は石塚英彦でバンドのドラム担当!妹は石塚くるみで芸能一家!

2世芸能人の石塚幸作さんについてご紹介します。

石塚幸作さんは、テレビ番組のグルメレポート「まいう~」で有名なタレント・石塚英彦さんの息子さんです。

昨年末、12月29日放送の日本テレビ『踊る!さんま御殿!!』の特番に、親子で出演されていますが、石塚英彦さんがご家族とテレビのバラエティー番組に出られるのは非常に珍しいということで話題になっていました!

石塚英彦さんのご家族の話はあまり耳にしませんが、実はお子さんがお二人います。

長男の石塚幸作さんは現在ドラマーとして音楽活動をしており、長女の石塚くるみさんは2016年にタレントとして芸能界デビューされています。

この記事では、そんな芸能一家である石塚英彦さんのご家族について、ご紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 石塚幸作さんの父親は石塚英彦さん
  • 石塚幸作さんは父親のバンドでドラムを担当
  • 石塚幸作さんの妹は芸能界デビューをしている石塚くるみさん

石塚幸作の父親は石塚英彦!

石塚幸作さんの父親である石塚英彦さんは、「石ちゃん」の愛称と朗らかな笑顔で知られる人気芸能人です。

 

お笑い芸人として恵俊彰さんとのコンビ「ホンジャマカ」でも活動されていますが、個人としてもテレビやラジオ番組への出演のみならず、ドラマや映画での俳優業や声優としても活躍しています。

そんな石塚英彦さんですが、高校生のときに忌野清志郎さんの『ステップ!』という曲を聴いて衝撃を受けて以来、大の清志郎ファンなのだそうです。

仕事に対する考え方や周囲の人との縁をもたらせてくれた忌野清志郎さんを、「人生の恩人」と公言しています。

 

残念ながら石塚英彦さんは忌野清志郎さんご本人と直接お会いすることは叶わなかったそうですが、ある日ふらりと訪れた下北沢のバーのマスターが偶然、清志郎さんと長年一緒にお仕事をしていた方だったようです。

それをきっかけに石塚英彦さんもご自身でバンド活動を始めることになり、そこから繋がって、清志郎さんと一緒に「ザ・タイマーズ」等で活躍したミュージシャン・三宅伸治さんとのご縁ができバンドを始めました。

 

石塚英彦さんは、今でも親交のある三宅伸治さんを「兄貴」と呼ぶほど慕っているそうですが、三宅伸治さんプロデュースで2010年にシングルを発売し、歌手デビューを果たしています。

また、”忌野清志郎さんを慕っていた”という縁でつながったという山崎まさよしさんや、「ゆず」の北川悠仁さんに楽曲提供をしてもらい、2014年にアルバムも発売しています。

 

石塚幸作さんにとっては父親としての顔を持つ石塚英彦さんですが、テレビではなかなか見ることのない、意外な音楽家としての顔も持っていることが分かりました。

石塚幸作は父親・石塚英彦のバンドのドラム担当!

石塚幸作さんは、父親・石塚英彦さんがボーカルを務める「オーバーオールズ」の一員として、親子でバンドを組まれています。

 

石塚幸作さんは11歳のころからドラムを始め、数々のミュージシャンの作品に参加しているドラマー・山木秀夫氏に師事した後、複数のバンドに所属してドラマーとして活動しています。

様々なミュージシャンのレコーディングやライブサポートなど多数参加されているようです。

 

「オーバーオールズ」は、三宅伸治さんが主宰するイベントをきっかけにして2017年に結成されたバンドで、その名のとおりメンバー全員が裸にオーバーオールを着て演奏しています。

オーバーオールは、石塚英彦さんのトレードマークでもありますよね。

 

「オーバーオールズ」のメンバー構成はこちらです。

  • 三宅伸治さん
  • グレートマエカワさん
  • 石塚英彦さん
  • 石塚幸作さん

石塚英彦さんが尊敬する「兄貴」であり、バンド結成のきっかけとなった三宅伸治さんがギター、ベテラン人気バンド・フラワーカンパニーズのメンバーであるグレートマエカワさんがベース、そして、ボーカルの石塚英彦さんの息子さんである石塚幸作さんがドラムを担当しています。

 

結成当時のドラム担当はケニー・モズレさんという方だったようですが、その頃から時折サポートメンバーとして参加していた石塚幸作さんが、2019年に正式メンバーとして加わったそうです。

タレントと音楽家として別々の道を歩んできた石塚幸作さんと石塚英彦さん親子ですが、今では一緒にステージを盛り上げる、同じバンドの仲間であることがとても素敵ですね。

石塚幸作の妹は石塚くるみ!

石塚幸作さんの妹で石塚英彦さんの娘でもある石塚くるみさんは、2016年にひかりTVの番組に出演し芸能界へデビューしました。

タレントとして芸能活動を開始していますが、お兄さんの石塚幸作さん同様に幼少のころから音楽が好きだったそうで、昨年12月にファーストミニアルバムをリリースし、発売記念の配信ライブも行うなど、現在はシンガーソングライターとして活動されています。

 

ライブには兄である石塚幸作さんもサポートメンバーとして参加し、兄妹でセッションをされることもあるようです。

 

また、2017年からは、芸能活動のため休学していた整体の専門学校に復学。

卒業以降も様々な資格取得に力を注ぎ、2019年に女性限定リラクゼーションサロン『くるみん家』を開業しています。

 

音楽活動と並行してセラピストとしての勉強をされるなど、努力家の一面が見える石塚くるみさんですが、父親の石塚英彦さんと一緒に歌う姿を見てみたいですね。

まとめ

石塚英彦さんは芸能一家であることが分かりましたが、いかがでしたか?

石塚英彦さんは、バンドのボーカルとしてステージに立ち、著名なミュージシャンたちと交流があるなど、音楽家としての意外な一面を持っていました。

長男の石塚幸作さんは、数々のミュージシャンとセッションをしているドラマーでした。

その音楽活動に関する公式サイト等はなく、詳しい経歴は公表されていませんが、TwitterやYouTubeなどで自身の活動について紹介しています。

長女の石塚くるみさんはタレントとして芸能界デビューを果たしたものの、子供のころから好きだった音楽を始め、今ではシンガーソングライター兼セラピストとして活動されています。

音楽という繋がりで結ばれているご家族なので、近い将来3人が一緒にそろったライブパフォーマンスを見ることができるかもしれませんね。