ライブ

フジロック2022子供は何歳から参加できる?キッズエリアについても!

フジロックフェスティバル2022が7月29日(金)~31日(日)の3日間開催されます!

海外アーティストの参加は3年ぶりということもあって、今からワクワクされている方も多いのではないでしょうか?

そして年々増えているのが、親子連れの参加だそうです!

通常の室内のライブは、子供がぐずったらどうしようと躊躇してしまいますよね。

でもフジロックなら、寝転んだりおやつを食べたり昼寝したりと、自由に過ごすことができるので子供がいても楽しめるんです。

今回はフジロックに子供は何歳から連れて行けるのか?と子供たちが遊べるキッズエリアについて調査してみました。

この記事でわかること

  • フジロック2022に参加できる子供は何歳から?
  • フジロック2022のキッズエリアについて

フジロック2022子供は何歳から参加できる?

フジロック2022は、0歳から参加できます!

調査した限りでは、生後6ヶ月くらいの赤ちゃんが一番小さかったですが、1歳、2歳くらいから少しずつ連れて行っているという方が多かったです。

授乳やオムツの交換は、キッズランドと救護テントを利用できますので、あらかじめ場所を確認しておくと安心ですね。

ただしフジロックが開催される苗場スキー場は山間部に位置するため、天候が変わりやすいそうです。

山の天気は変わりやすいと言うように、晴天が一転して嵐になることも珍しくありません。

子供は、大人よりずっと簡単に具合が悪くなってしまうことを肝に銘じておきたいものです。

気になる入場券ですが、6月16日(木)までの先行販売では、1日券が20,000円、2日券は36,000円、3日通し券は46,000円で、保護者同伴で中学生以下の子供は入場無料!

夏休みの思い出に、子供とフジロックもアリですね。

 

次は子供のお楽しみ、キッズエリアについても調査してみました。

 

フジロック2022のキッズエリアについて

フジロック2022のキッズエリアの詳細について調査しましたが、まだ公表されていませんでしたので、昨年の様子をご紹介いたします。

広い広い緑の大地と、木々に囲まれた森と川、日常では味わうことのできない空間が目の前に開けて、子供たちの好奇心があふれ出ているようでした。

最初はちょっと離れて見ていたり、お母さんやお父さんに手をひかれたりしていても、じょじょに子供たちは自分なりの遊び方を見つけて、たくさんの初めてにチャレンジしているようでした。

それから、子供たちだけではなく大人の目も引くのが、「ゴンちゃん」です。

ゴンちゃんは、目玉がペイントされた「石」なんですが、ロンドンのアーティスト、ロバート・ゴードン・マクハーグさんの作品だそうです。

お名前のゴードンさんからゴンちゃんと呼ばれるようになりました。

フジロックでゴンちゃんに会えるのを楽しみにしているのは、子供たちだけではないようです。

子供連れでのフジロックは、フリーで楽しんでいた頃のフジロックとは一味違ったものになりそうですね。

まとめ

7月29日から3日間にわたって開催される、フジロック2022の子供の参加年齢とキッズエリアについて調査してみました。

フジロック2022の参加は0歳から可能です!

キッズエリアは毎年、自然の中で思いきり遊べるものになっているようでした。

老若男女どんな人たちも、大地と音楽を楽しむことができるのがフジロックです。

子供がいるからこその楽しみ方を、フジロックは提案してくれているのかもしれません。

フジロック2022は、忘れられない夏の思い出をプレゼントしてくれそうですね。