グッズ

ブルーノ偽サイト見分け方5つ!価格や問い合わせ先ECサイトに注意!

家電や生活雑貨を通販サイトで購入するのが珍しいことではなくなって久しいですね。

おしゃれ家電で人気のブルーノ(BRUNO)も、通販でよく見かけます。

そのブルーノの偽サイトの相談が相次いでいるそうです。

スマホやパソコンで買い物をしようとするときは、多くの人があちこちのサイトを検索して1番お得な買い物をしようとするかと思います。

大きく値引きされているサイトを見つけたら、ついつい惹かれてしまいますよね。

一目で怪しいとわかるようなサイトではなく、公式サイトに酷似しているものだとなかなか見破るのは難しいのかもしれません。

今回はブルーノの偽サイトの見分け方を探っていきたいと思います。

ブルーノの偽サイトに注意!

全国の消費生活センターに、ブルーノの偽サイトに関する相談が寄せられています!

クレジットカードで決済しているのに、商品が届かないという事態になっているそうです。

消費者庁によりますと、2021年4月から2022年2月20日までに寄せられた相談では、ブルーノに関するものが74件ありました。

相談者の7割が40代女性だということです。

「全品50%OFF」などで消費をくすぐって、本物そっくりのサイトで購入手続きをさせてしまうような作りになっています。

偽サイトと本物を見分けるポイントについて調査しています。

ブルーノの偽サイトの見分け方5つ!

ブルーノの偽サイトは、ぱっと見公式サイトのように見えるそうです。

そこで偽サイトと本物サイトの見分け方5つご紹介していきます。

  1. クレジットカード決済限定
  2. 価格
  3. ECサイト
  4. 問い合わせ先
  5. 説明文

「公式」と書かれていたり、公式のロゴマークをそのまま使っていたりすれば、ほとんど疑うことはしませんよね。

ブルーノの偽サイトでは公式の「BRUNO online」の画像が盗用されていますので、本当に気がつきにくいようです。

 

このような中での偽サイトの見分け方をご紹介します。

クレジットカード決済限定に注意

決済方法がクレジットカードだけの場合は、怪しいと考えてください。

ブルーノの公式オンラインストアでは、決済方法はいくつもあります。

クレジットカード、代引き引換え、後払い決済、オンライン決済となっていますので、これだけでも目安になりますね。

異常に安い価格に注意

極端な値引きが表示されていたら、怪しいと考えてください。

一般的な価格に比べて格安と思えるような場合は、すぐに購入せずに疑うことです。

https://twitter.com/4tomozoo4/status/1485258182486532098

 

ついつい価格に気をとられてしまいます。

ECサイトに注意

公式サイト風なURLを使って功名に作られているのが偽サイトです。

まずURLを確認すると安心です。

ブルーノのインターネットショップは以下のURLだけで販売されています。

・BRUNO online https://bruno-onlineshop.com/

・楽天市場 BRUNO(ブルーノ)公式店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/bruno-official/

・PayPayモール BRUNO(ブルーノ)公式店 https://paypaymall.yahoo.co.jp/store/bruno-official/top/

・amazon BRUNO(ブルーノ)公式店 https://www.amazon.co.jp/bruno/

・その他の公式サイト https://bruno-inc.com/?pg=ec

少しめんどうに感じたとしても、購入した品物が届かずクレジットカード会社へ手続きの電話をしたり、消費者センターへ出向いたりすることを考えたら大した手間ではありません。

問い合わせ先のメールアドレスや電話番号に注意

問い合わせのメールアドレスが、フリーメールのドメインになっていないか確認しましょう。

メールのアドレスの@以下が、だれでも取得できるようなものは偽サイトの特徴のひとつです。

注文後の返信メールに、不自然な日本語がある場合も見られるそうです。

電話番号が掲載されていない、携帯電話の番号(090や080などからはじまるもの)になっている場合も怪しいですね。

説明文に注意

商品を説明する日本語が不自然だったり、あまり使わないような漢字や言い回しが使われていたりすることも、偽サイトの特徴のひとつです。

 

写真と金額に注目しがちですが、商品の説明文を読んだり個人情報を入力したりするときに違和感を感じるときはストップしてください。

まとめ

ブルーノの偽サイトの見分け方について5つご紹介してきました。

支払い方法、価格、サイトが公式であるかどうか、問い合わせ先、説明文の5つが見分けるポイントです。

これらのどれか一つでも違和感を感じたり、不自然さがあったりする場合は、いったんショッピングを中止することを心掛けましょう。

偽サイトは今後増える可能性があるそうです。

もしも偽サイトにひっかかってしまった場合は、クレジットカード会社と消費者ホットライン(電話番号188)へすみやかに連絡することが大切です。