音楽

Betrayal Game歌詞の意味を考察!BE:FIRSTの歌割りは?

広瀬アリスさんと滝藤賢一さんが主演する新ドラマ『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』の主題歌がBE:FIRSTの「Betrayal Game」(読み:ビトレイアルゲーム)に決まりました。

ドラマ『探偵が早すぎる』は莫大な遺産相続人・一華(いちか)を守るため、家政婦の橋田が雇った探偵・千曲川(ちくまがわ)が一華を狙う殺人計画を未然に防ぐ“トリック返し”で活躍する様を描いたコメディタッチの探偵ドラマです。

ツンデレ家政婦・橋田役の水野美紀さんと主演2人の掛け合いも評判の同ドラマは2018年放送に続く待望のシリーズ第2弾となります。

前作からパワーアップしたという今ドラマの世界観に更に勢いをつけるため、今最も勢いのあるボーイズグループBE:FIRSTへオファーしたことで完成した主題歌「Betrayal Game」。

この記事では、そんな「Betrayal Game」の歌詞の意味を考察してみました。

この記事でわかること

  • Betrayal Game歌詞の意味を考察
  • Betrayal GameのBE:FIRSTの歌割り

Betrayal Game歌詞の意味を考察!

4月新ドラマ『探偵が早すぎる』の主題歌「Betrayal Game」の歌詞は、BE:FIRSTの生みの親でもあるSKY-HIさんがドラマのストーリーから着想を得て書き上げたそうです。

 

タイトルの「Betrayal Game」を直訳すると「裏切りのゲーム」となります。

SKY-HIさんが紡いだ言葉からはタイトル通り男女間の巧みな駆け引き、二面性や裏切りなどひと言では現わせない様々な人間の感情を描いていると考察できます。

 

この歌詞は“僕”がどんな人間に見えているのか、“君”に問うところから始まります。

この歌詞の主人公である“僕”は、自分という人間を「普通」なのか「異常者」なのか自身の言動は間違いや過ちなのか「どう見える?」と問いかけています。

このことから“僕”に対する世間の評価はもしかしたら「普通」ではないのかもしれません。

しかし“僕”は世間からどう見られようとどうでもよく、“君”からどう見えているのかだけが気になっているようです。

それだけ“君”という人間に関心や信頼を置いており、だからこそ“僕”をどう思っているのか不安な気持ちを抱いているようにも読み取れます。

だからといって“君”を欺く言動はしないのかといえば答えは「NO」で今までの自分を変えるつもりはなく、矛盾と歪みを解っていながらその関係そのものを愛しく感じているように思えます。

では“君”はどういう人物なのかというと、“僕”の問いかけに答えることはせずつかず離れずの距離感を築いているように感じます。

ただその行動の意味を“君”自身がどこまで自覚しどう思っているのかは、“僕”目線の歌詞からは判断することができません。

 

このように「Betrayal Game」の歌詞には惹かれ合う男女が織り成す複雑な感情の糸がうごめいていますが、「僕」と「君」がどういう関係なのかは人それぞれいろんな読み取り方があるのではないでしょうか。

出会ったばかりでまだお互いの気持ちを掴めていない恋人同士の歌なのか、相手の気持ちをうまく引き出せない変えることができない“僕”の歯がゆさからくる不安を一方的に綴っているのか。

もしかしたら「ゲーム」という形にごまかしているだけで、裏切られてもなお相手を思う気持ちを捨てきれない“僕”の辛い心情が隠れているということもあるかもしれません。

または、“君”のために敢えて愚かな道を進む“僕”の正しく歪んだ愛情を描いているのかもしれませんね。

 

いずれにせよ2人の関係性は嘘と裏切りと真実に彩られており、その関係性は変わらないしどうにもならないことだと“僕”は歌っています。

知っていて曖昧に濁し続ける“君”はもはや共犯と呼べる存在になっており、どこまでも縮まらない2人の距離や不安定に保たれているその世界がどうなっていくのか本人たちにも分からないのでしょう。

「決着を望んでいない」という歌詞があるとおり、“僕”にとっては歪んだ“君”との関係を丸ごと受け入れた世界すべてに愛を感じているのかもしれませんね。

 

依頼主をも煙に巻く探偵・千曲川と主人公・一華の関係性にも当てはまるような歌詞ですが、「“ちょっとぶっ飛んだバディ”をスタイリッシュに表現してほしい」というオファーを見事にクリアした楽曲と言えるのではないでしょうか。

Betrayal GameのBE:FIRSTの歌割りは?

「Betrayal Game」のBE:FIRSTによる歌割りはまだ発表されていません。

そこで誰がどのパートを歌っているのか予想してみました。

著作権の関係上、歌詞を掲載することはできませんが予想されている歌割りはこちらです。

4月25日公開の BE:FIRST「Betrayal Game」のMVで歌割りが判明するので、更新致します!

 

「Betrayal Game」も収録されている5月18日発売のBE:FIRST「Bye-Good-Bye」は現在予約受付中です。

 

まとめ

春の新ドラマ『探偵が早すぎる』のBE:FIRSTが歌う主題歌「Betrayal Game」の歌詞の意味について考察してみました。

SKY-HIさんが書き上げたこの歌詞は、「Betrayal Game」(裏切りのゲーム)のタイトルどおり男女の駆け引きや二面性など複雑な心情を描いた世界が紡がれています。

惹かれ合う恋人たちだけではなく、ドラマの主人公・一華と彼女を守る探偵・千曲川の切っても切れない歪な関係性も訪仏とさせる「Betrayal Game」。

期待通りBE:FIRSTが歌う主題歌がストーリーをより盛り上げてくれそうですね。