国際アートプロジェクト

GTS シンポジウム 2012

12年06月05日 | 隅田川 Art Bridge

[日時]2012年10月31日[水] 18:00開演 (開場17:30) 終了しました。ご来場ありがとうございました。
[会場]東京藝術大学美術学部中央棟第一講義室
※入場無料


「GTS環境アートプロジェクト3年間の軌跡とこれから」

近年、アートによって地域の活性化に貢献することを目的とした様々なプロジェクトが開催されています。こうした企画のなかには、風土や習俗を含めた固有の地域文化と関わり合いながら、地域とアートを融合し、そこから生まれる文化的環境の可能性を模索したり、地域の観光と結びつけている例も見られます。
本企画は、本年度が最終年度となるGTS観光アートプロジェクトにおいて、2010年から2012年度の3年間におこなった実施内容を振り返り、その成果や問題点などを踏まえてアートと社会の関係性による観光という視点から、隅田川両岸地域におけるアートプロジェクトの可能性を探るシンポジウムです。

◯開会挨拶
池田 政治 氏 (GTS観光アートプロジェクト実行委員長/東京藝術大学美術学部長)

○ゲスト講師
竹内 誠 氏(江戸東京博物館館長)

○パネリスト ◎印は、チェアマン
第1部 ◎日比野克彦・清水泰博・深井隆・元倉眞琴・布施英利
第2部 ◎八谷和彦・たほりつこ・赤沼潔・大巻伸嗣・松下計
第3部 ◎保科豊巳・橋本和幸・齋藤芽生・木津文哉・小沢剛

聴講参加:GTSの各プロジェクト実行委員、参加教員、参加学生、一般参加

※全体進行 保科 豊巳 氏(GTS観光アートプロジェクト実施責任者)

 




この展示・イベント情報が掲載されているURL:
http://gts-sap.jp/modules/ev_iap/index.php?page=article&storyid=44